読者が読みたくなる記事|読者の心に残るコピーライティング

この記事が気に入ったら、シェアをお願いします!

文章で何かを伝えるって案外難しいですよね?僕もブログを書き始めてからずっと試行錯誤していますが、言葉で説明することの難しさを痛感しています。

そこで今回は、文章力で悩んでいる方のために読者の心に響く文章を書くために、抑えるべきポイントを3つ紹介していきます。

意識するだけで、格段に文章力が変わるのであなたも試してみてはいかがでしょうか。

伝わらない文章とは

よく、伝わりづらい文章を書く人は、自分目線で書いてしまいがちです。

「自分が理解できるから相手にもわかるだろう」

といった、姿勢で書いているため、用語の説明不足、言葉の言い回しなどが疎かとなり、読者に伝わらない文章になってしまします。これでは、自己満足で終わってしまっていますよね?

文章とは読者がいて初めて成り立つものです。いくらあなたが感動的な文章を書いても、読む人が1人もいなければ何も意味をなさなくなってしまいます。

大事なのは、どんな想いで書いたかではなく、どうすれば、相手に伝わるのかを考えながら書くこと。これを意識するだけで文章の良し悪しがだいぶ変わります。

例として、次の文章を比較して読んでみて下さい。

【 A 】

「あなたには、今からネットで稼ぐことができるビジネスノウハウを教えます。

これから私が教える通りのことを行えば、収入に困ることなく自由な生活を

送ることができますよ。」

【 B 】

「月収20万円以下で悩んでいるあなた。私が今からあなたのために月に30万稼ぐことができる

ネットビジネスのノウハウを教えます。このノウハウを身に着けることで、低収入が理由で

実現できなかった海外旅行やおいしい食事など、余裕のある生活を楽しむことができますよ。」

いかがでしょうか?

Aは僕が「読者に後悔させない記事」をイメージして文を書きましたが、想いは伝わっていますでしょうか?はたから見ると、「ネットビジネス」の紹介なんだな、ぐらいしかわからないですよね。

その点、Bは「月収20万以下」「月30万稼げる」「海外旅行ができる」「余裕のある生活」とたくさんのキーワードが含まれています。Aと比べると「何を」伝えたいかがはっきりしているのかがわかります。

このように文章には読者がわかるキーワードや数字、具体例を盛り込むことで理解度が変わってきます。文章を書く際にはキーワードを多く、数字で具体性を出し、例を出してあげることで読者にイメージしやすいように書くことが読まれやすい文章になります。読者に読んでもらうためには、「何を」伝えたいのかを数字や具体例を使って文章を書くようにしてみましょう。

さて、次は文章を書く際に、押さえておくべきポイントを見ていきましょう。

文章力向上の3つのポイント

まず、抑えるべきポイントは以下の3つです。

  • 誰に?(ターゲット意識)
  • 何を伝えたいのか?(目的意識)
  • 読み終わった後、どうなってほしいのか?(反応・行動)

以上の3つを詳しく解説していきます。

誰に?(ターゲット意識)

前述したとおり、文章とは読者がいて初めて成り立ちます。読者がはっきりしていない場合、誰にも伝わらない文章になりがちです。

あなたが書こうとしている文章は誰に向けて書いていますか?実際に読者が読んでいる姿をイメージしてみてください。

例えば、仕事の企画書であれば「上司」、ラブレターであれば「好きな人」に向けて書きますよね。

このように、誰に向けて書くのかを想定して書いてみて下さい。

また、相手に合わせた書き方、伝え方があります。司の場合はもちろん敬語を用いて、端的に伝える。好きな人の場合は想いが伝わる表現で好意を示すといった具合です。

誰に届けたいのかを思い浮かべてから書く事で、より心に残る文章が出来上がりますよ。

何を伝えたいのか?(目的意識)

何を伝えたいかとは、言い換えれば「目的」です。

企画書なら「実行してもらうこと」が目的ですし、ラブレターなら「好きな人に思いを伝えてOKをもらうこと」が目的となります。

あなたが書いている文章には、どのような目的がありますか?僕の場合ですと、読者の方が悩みを解決してもらう目的で記事を書いています。今回の場合は『文章が上手く書けない悩み』ですね。

目的を的確に定めることでターゲットも定めやすく、より分かりやすい説明を文章で伝える事が出来ます。

基本的には1つの目的を伝える事がコツです。

あれこれ詰め込みすぎたりすると内容がごちゃごちゃとしてしまい、「何を伝えたいのかわからない」といった評価を受けてしまいます。

「この文章は〇〇を伝えたいんだな」と一言で言い表せるような文章を書くことを心がけましょう。

読み終わった後、どうなってほしいのか?(反応・行動)

読者が文章を読み終わった後、

心に残る文章とは、人の行動や意思に影響を与えます。

僕の友人でホリエモンの愛称で知られている堀江貴文さんの著書を読んで、起業を目指すようになった人がいました。彼曰く、読み終わった後、行動し無ければいけないと思う衝動欲求にかられたそうです。

僕も、とあるブログの記事を読んでからアフィリエイトの魅力に惹かれ、始めるようになりました。その人の書く文章を読んでいると言葉自体に説得力があり、すんなりと内容が頭に入ってくるように説明の言い回しがされていました。

今思うと、あの記事を読んでいなかったら僕はアフィリエイトを始めなかったなと思います。そう思うと1人の人生と変えた1記事でもありますね。

このように、魅力的な文章を書くことで、人の人生を変えることもできます。

読み終わった後、読者にどのような行動をとってほしいのかを逆算しながら書けば、より、影響力の高い文章に仕上がりますので気にしながら書いてみてください。

欲しい反応から逆算することで、この記事を読んでくれた人がどう思ってくれるのか?といった想像力を働かせてみることで、読者目線の読みやすく、伝わりやすい文章が出来上がります。

些細なことかもしれませんが、注意しながら書いてみると結果は必ず出てきます。

最後に

文章力を向上させる3つの意識はいかがだったでしょうか?

細かいところを意識するだけでも意外と簡単に良い文章になります。

まずは、お手本となる文章をまねしてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら、シェアをお願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク







トップへ戻る