仕事で急に泣き出してしまった…|情緒不安定な人の身体の危険信号とは

この記事が気に入ったら、シェアをお願いします!

最近、人に対してイライラすることが増えたり、夜中に急に不安になったりすることはありませんか?そのせいで周りの人間に迷惑をかけてしまっていると感じている人もいるかと思います。

もしかしたら、それは、あなたが情緒不安定になっている傾向にあるかもしれません。

職場で上司に怒られてしまい、突然泣き出してしまう、一人でいる時の孤独感で日々、不安になる。もしかしたら、それは身体からの危険信号かもしれません。「自分は、もしかしたら情緒不安定かも…」と感じている方。そんなあなたに対して、どのような改善策があるのかを今回の記事で詳しく見ていきましょう。

情緒不安定とは

情緒不安定な状態とは「感情の起伏が激しく、不安定な状態」のことを指します。このような状態に陥ると自分の気持ちや感情をコントロールすることができなくなるため、些細なことでイライラしたり、急に強い不安感を感じることがあります。

情緒不安定な人は、自分の内側からあふれ出す感情が抑えきれないことが多いです。「会社で上司に注意を受けた時に泣き出してしまう」、「店員の粗暴な接客にイラっとしてしまう」ということに身に覚えはないですか?

特に女性なんかは人間関係が複雑で大変ですよね。女性としての振る舞い方や立ち位置を考えてしまうため、思ったことを口に出せず、ストレスが溜まりやすい傾向にあります。ストレスが積み重なることで、心に負担がかかり、やがて感情が爆発してしまって、感情をコントロール出来ない状態になってしまうのです。

あなたの現状は?

あなたの現状はどうでしょうか?症状には『精神的症状』『身体的症状』に分かれています。以下の項目に3つ以上当てはまっているようでしたら、あなたは情緒不安定といえる状態です。

精神的症状

すぐに泣きだす

人に対してイライラすることが多い

日々の生活で感情の起伏が激しい

想定外のことがあるとパニックになりやすい

人間関係で不安・心配を抱きやすい

落ち着きがない

身体的症状

不安なことがあると吐き気がする

心配事で眠れない

身体が震える

嫌なことがあると頭痛が起きる

頻繁に動悸が起きる

息苦しさを感じる

これらの症状が当てはまるようなら、情緒不安定として当てはまるでしょう。症状が悪化すると、うつ病になるケースも多くあります。自覚症状がないこともありますので、第三者から客観的に判断してもらううとよいでしょう。

主な原因はやはり〇〇だった!

過度のストレス

一番の原因は、肉体的、精神的に来るストレスです。人間は強いストレスを感じると、本人に自覚がなくても突然、涙を流すことがあります。

日々の残業、組織内の人間関係、家庭でのいざこざ。様々な原因があるとは思いますが、日本人のストレスのほとんどが職場内で引き起こされているの知っていましたか?調査結果によると。「どのくらいの頻度で感じるか」といった調査では、ほぼ毎日感じている人が40%を上回っているとのこと。

MACROMILLより引用【ストレス実態調査】

ストレスの原因データを見みると、回答者の50%以上、つまり2人に1人が「仕事内容」「職場の人間関係」がストレスの原因と答えています。ほとんどの人が職場関係でストレスをため込んでいると言えますね。あなたの症状も、そんなストレスが発生する職場から来ているものではないでしょうか。

女性の場合、ホルモンの乱れ

女性の場合ですと、生理が原因で起こる女性ホルモンの変化や乱れによって精神的不安定状態になります。男性に比べて、女性の方が情緒不安になりやすいと言われてはいますが、その理由は、この女性ホルモンの分泌の変化があるためです。女性ホルモンの分泌が乱れることで、体調を崩したり、感情的になったりと様々な症状を引き起こします。

基本的な改善策とは

生活習慣を変える


規則正しい生活を送ることで、身体的にも精神的のも安定した状態に戻すことは可能です。バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動を行うだけでも、ストレス耐性が強い身体になることができます。

特に食事は『カルシウム』を多く含む食品を食べることで、イライラや不安感を減らすことができます。

カルシウムを多く含む食品は、干しエビやしらす干しなどの小魚類、納豆や豆腐などの大豆製品、牛乳やチーズなどの乳製品ですので、これらを多く摂取するように心がけてみましょう。

環境を変えてみる


働き始めてから現在の状況に至ったという人は、職場環境に問題があると言えます。平日は上司からの嫌味や罵倒、休日には、恋人との喧嘩の日々、そんな日常辛いだけですよね。

言葉によるダメージはいずれ、身体への負担になっていきます。我慢するだけでは解決できませんし、最悪の場合、うつ病にまで発展しかねません。

そうなる前に、自分が今置かれている環境を変化させてみてはいかがでしょうか。仕事が辛いようならば、会社を休んで旅行に出かけてみるといいかもしれません。休むことをズル休みだと感じている人が多くいるようですが、休み一つで、一人の人間の心が救われるようなら安いものです。

精神科に行ってみる


症状によっては、病院に行くことも考えたことがいいでしょう。

もし、あなたが身体のどこかに異常を感じた時、病院には行きますよね?心も身体と同じで、異常を感じたら専門家に見てもらう必要があります。

行ってみて何もなかったら無駄足になると考えている人は、「自分の状態が正常だということを証明するために行く」ことを意識して受診してみてください。

職場の人間を改善することはできない

急なイライラや不安感を感じる人の多くの原因は、人間関係によるストレスが原因です。もし、相手が悪いと思っていても自分が我慢しなければならないときがあります。

どうのように説得しようとも、他人を変えることはできません。しかし、自分の都合で働き方を変えていくことはできます。あなたがもし、人間関係で辛い思いをしているようであれば、その場から逃げてみるのも一つの手です。逃げることは決して、悪いことではありません。ストレスを抱えてまでやり通したいことでなければ、素直に別の道を進むことも良い判断だと思います。

時には、会社を辞める決断をする時が来るかもしれません。そんな時は自分が本当に幸せになれる方法は何かを考えてみると良いでしょう。あなたにとって、「自分が壊れていくことに耐えながら、働くのは幸せと言えるのか」、自分の中で判断してみてください。もし、会社を辞めることに不安を抱いているようであれば、こちらの【仕事がつらい…会社を辞めても生きていける方法】の記事で会社で働くこと以外の生き方が書かれていますので、ぜひ読んでみてください。

最後に

いかがだったでしょうか。

「働く前はこんな状態ではなかった」という人は、原因が職場にあることは明らかです。あなたが幸せを掴むために必要なことはなんなのか、ストレスを抱えることのない生活を送ることができれば、自身の感情をコントロールできるようになります。

僕も一昔前までは、世間体を気にして、ストレスに晒される毎日を送ってきましたが、考え方次第でストレスを断ち切ることができました。要は考えようです。あなたも世間の考えではなく、あなた自身の考えで行動してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら、シェアをお願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク







トップへ戻る